標的型攻撃メール訓練付き 情報セキュリティ意識レベル診断 - MSIS/T

情報セキュリティのマインドセット変革を図るための意識レベル診断サービス

MSIS/T
〜Mind Set for Information Security with Targeted Mail Attack Training〜

 

なぜ多くの企業でISMSを整備・運用しているにも関わらず、「情報漏えい」が起きるのでしょうか?

MSIS/Tのコンセプト


多くの組織でISMS等の整備・運用が進められていますが、情報セキュリティ事故は発生しています。その理由は、知識はあっても現実の行動において、人の意識レベルにばらつきがあり、全員が厳格な運営を行っている組織は稀だからです。スクウェイブ社オリジナルのSCSAフレームワーク(下記参照)は、社員1人1人の本音部分の意識レベルを診断すると同時に企業内の意識レベルを可視化し、対策を打つべき対象と対策の指針を提供します。その上で、標的型攻撃メール訓練を意識レベルの低い人を中心に実施します。

MSIS/Tの特徴と導入のメリット

  • 貴社の状況に即した調査票を作成します。
      ↓

    社員が実感を持って回答することに繋がり、他人事や一般論としての回答ではなく、貴社個別の課題について結果を得ることができます。

  • 社員の意識レベルに働きかけるために、敢えて本人ではなく、第三者の行動に対する同意度を測ります。
      ↓
    建前ではなく、本音を精度高く定量化し、ISMSを整備・運用しているだけでは防止できない意識レベルの課題領域を可視化します。
     
  • 訓練がより必要な人を対象とした「標的型攻撃メールの訓練」を実施します。
      ↓
    社員全体に無駄な工数を掛けることなく、効率的な訓練を実施できるため、結果的にコストも抑えることが可能です。

  • 個人別フィードバックレポートを提供します。(有料オプション)
      ↓

    認識の甘い人にとっては、自身の誤答の傾向を自覚し、意識レベル改善に向けたきっかけが得られます。

MSIS/Tサービスの流れ


MSIS/Tサービスは、基本的に下記の流れでサービスを提供します。


MSIS/T 成果物イメージ


MSIS/Tにおける成果物イメージです。

価格

標準価格:200万円(税別)から
 ※上記標準価格は、標的型攻撃メールの対象者が100人までの場合となります。100人を超える場合   は、個別見積もりとなります。
 ※個人フィードバックレポートは、別途追加見積もりとなります。
 ※調査実施先が東京近郊以外の場合、交通費・宿泊費は実費精算になります。

お問い合わせ

本サービスについては、こちらまでお問合せ下さい。